水のpH値とはなあに?

pH値で水が酸性かアルカリ性かを判断します

pH(ピーエイチ、またはペーハー)とは水素イオン指数と言われ、
水中に水素イオンがどれだけ含まれているかを示したものです。

水が酸性なのか、アルカリ性なのかを示す数値で、
pHの数値が小さくなると酸性が強くなり、
pHの数値が大きくなるとアルカリ性が強いことになります

一般的にはpH1が強酸性、pH14が強アルカリ性と言われ、
pH7が中性となっています。

水が酸性かアルカリ性かを調べるには、
理科の授業で実験に使った、リトマス試験紙を使う方法があります。

リトマス試験紙を水で浸し、
青になればアルカリ性、赤になれば酸性という判断をします。

人間が飲むには中性が良いそうです

日本の水道は、pH5.8〜8.6の範囲に収まるように定められています。

このpH5.8〜8.6というのは、人間の体液とほぼ同じ値だそうで、
人間が摂取する水は、中性近辺の水が良いとされています。

アルカリ性の水も体によいと言われ、
アルカリイオン水としてペットボトルで販売もされています。
これらは人工的に電気分解してアルカリ性の水を作っています。

アルカリイオン水は整腸作用があると言われています。
※参考:パナソニック株式会社 公式サイト 健康によいアルカリイオン水

この記事のポイント

  • pHとは水素イオンの濃度を表すもの
  • pHが小さくなると酸性、pHが大きくなるとアルカリ性
  • pH7は中性
  • 人間の体液は中性、飲料水も中性近辺がよい

このページの先頭へ