良質な水とはどんな水?

良質な水になるための条件

地表に湧き出る湧き水は、
長い時間をかけて地下を流れた後に、地表に現れます。

質の良い水になるには、
長い時間をかけて地下を流れる必要があります。

地下水は、地中深くなればなるほど、流れが遅くなります。
流れが遅いほど、地中のミネラル分を多く取り込むことが可能です。

その上、ゆっくり流れるほど、浄化作用が高くなりますので、
より綺麗な水になります。

地下水によっては、数万年もかけて湧き出た水もあるようです。
通常は数十年〜百年程で湧き出るものが多いようです。

このように、長い年月をかけて浄化され、
ミネラルが多く含まれることが質の良い水の条件となります。

それだけではなく、水が流れる周辺の土地の環境がよいことも大切です。
工場や都市の近辺では環境が悪化している場合が多くあります。

そのような土地の中を流れる水は、
そうでない土地の中を流れる水よりも質が悪いと言えるでしょう。

環境の良い地下を時間をかけて流れること、
それが良い水を作り出すことの条件です。

山岳地帯に名水が多いのも、環境の良さが影響しているためでしょう。

この記事のポイント

  • 時間をかけて流れることでミネラル分を多く取り込める
  • 地下をゆっくり流れることで浄化作用が高くなる
  • 環境の良い土地の中を流れることも非常に大事

このページの先頭へ