おいしい水の条件とは?

水道水も冷やすとおいしく感じる

一般的に「水道水はまずい」という印象があります。

ミネラルウォーターが売れているのも
水道水がおいしくないという理由があるからだと思います。

ですが、そんな水道水も
冷やしてみると、まずさが薄れると感じませんか?
おいしいと感じることもあるでしょう。

冷たい水は味覚を鈍くする効果があり、
常温に比べて、塩素の臭いが感じなくなります。

冷やすことで、味もシャープですっきりします。

一般的に10〜15度くらいに冷やすとおいしく感じると言われています。

たとえ、ミネラルウォーターでも、
温度がぬるいとおいしく感じませんので、味と温度の関係は重要なようです。

水をおいしく飲むには、少し冷やして飲むのがいいと言えます。

塩素は少ない方が良い

水道水は水質基準を満たすために、
水に含まれる雑菌や汚れを消毒しています。

消毒には塩素が使用され、
それが、水道水をまずくする原因となっています。
ですので、塩素が少ない方がおいしい水となります。

塩素が多いと言うことは、
水源の水が汚れているため、より塩素を多く投入して消毒しているということです。

おいしい水とは、塩素量の少ない水、
言い換えれば、水源が綺麗な水と言うことになります。

ミネラルウォーターに使用されている水は、
環境の綺麗な土地から湧き出た水であることが多く、
消毒や殺菌が少なく、おいしいと感じる水です。

含まれる成分によっても味は変わる

水には不純物が多く含まれています。
「不純物」というと体に悪そうなイメージがありますが、
必ずしも体に悪い物だけではなく、ミネラルや酸素なども不純物の一種です。

不純物がなにも含まれていない水は、
純水(あるいは超純水)といって、精密機械の工場などで機器の洗浄に利用されています。

純水には、酸素が含まれていないので、魚も死んでしまう水です。
人間の飲み水としても、あまりおいしい水ではないようです。

おいしさを感じるには、ミネラルなどの不純物が含まれている必要があります。

逆にミネラルが多すぎると、
味に癖が出てきてしまい、飲みづらい水になり、「まずい」と感じるようになります。

水に含まれるミネラルの量を表す数値に「硬度」というものがあります。
これは、カルシウムとマグネシウムに関してだけの数値ですが、
味や飲みやすさの目安となります。

硬度が高いほど、カルシウムとマグネシウムが多く含まれており、
味に癖が出てきます。
このような水を「硬水」と言います。

日本の水は、硬度が低い「軟水」が多く、癖がなく飲みやすい水です。

この記事のポイント

  • 水は10〜15度くらいに冷やすとおいしく感じる
  • 水源が綺麗な水は塩素量が少なくなる
  • 水に含まれる成分も味に影響する
  • 適度にミネラルが含まれている水がおいしい

このページの先頭へ