1985年厚生省発表のおいしい水の条件

かつて、国がおいしい水の条件を発表していた

1985年、当時の厚生省(現在の厚生労働省)が
「おいしい水研究会」というものを発足して
おいしい水の条件を発表しました。

「おいしい」というのは極めて個人の感覚によるものなので、
この条件に収まっていても、おいしくないと感じることもあるでしょうし、
「この条件以外はおいしくない」と言うわけでもないと思います。

生まれた国や人種によっても味覚が違うでしょうし、
体調によっても違うと思います。

あくまでも一つの参考として見るのが良いでしょう。
しかも、25年以上も昔の資料ですので。

おいしい水の条件

以下に、当時発表された「おいしい水の条件」を掲載します。
参考にしてみてください。

項目 指標 内容
水温 20℃以下 水温が高くなるとあまりおいしくないと感じる。冷やすことによりおいしく感じる。
ミネラル
蒸発残留物
30〜200mg/L おもにミネラルの含有量を示し、量が多いと苦味や渋みが増し、適度に含まれると、こくのあるまろやかな味がする。
硬度 10〜100mg/L ミネラルのなかで量的に多いカルシウム・マグネシウムの含有量を示し、硬度の低い水はくせがなく、硬度の高い水は好き嫌いがある。カルシウムに比べてマグネシウムの多い水は苦みを増す。
二酸化炭素
(遊離炭酸)
3〜30mg/L 二酸化炭素が溶けていると、水にさわやかな味を与えるが、多いと刺激が強くなり炭酸水になる。
過マンガン酸
カリウム消費量
3mg/L以下 有機物量を示し、多量に含むと塩素の消費量に影響して水の味を損なう。
臭気強度 3mg/L以下
通常の人が異臭味を感じない水準
水源の状況により、さまざまな臭いがつくと不快な味がする。
残留塩素 0.4mg/L以下
通常の人が塩素臭を気にならない濃度
水にカルキ臭を与え、濃度が高いと水の味をまずくする。

※データ出典:※左巻健男著「知って納得!水とからだの健康」より

この記事のポイント

  • ある程度冷やした方がおいしい
  • ミネラル分もそこそこ含まれていた方がおいしい
  • 適度な炭酸は爽やかさが増しておいしい

※参考文献:
 藤田紘一郎著「水と体の健康学 なぜ熱中症には真水が危険?肉食系は超硬水でダイエット?
 左巻健男著「知って納得!水とからだの健康 (ホーム・メディカ・ブックス)
 谷腰欣司著「トコトンやさしい水の本

このページの先頭へ