ウォーターサーバーの安全性について

ウォーターサーバーの安全性は?

ウォーターサーバーの安全性は大丈夫なのでしょうか?
ここでは、ウォーターサーバーの安全性について解説しています。

安全性画像

ウォーターサーバーの安全性。
これはかなり大事な部分ですね。

結論から言えば、それほど心配する必要はないと思います。
業者の取り組みや、契約の際に気をつけるべき点を見ていきましょう。

ボトルは回収方式よりもワンウェイの方が清潔

ウォーターサーバーレンタルには、
使い終わった水ボトルの処分方法には以下の2種類があります。

・リターナブル方式(回収して再利用)
・ワンウェイ方式(ユーザーがそのまま廃棄)

どちらが使い勝手がよいかは個人の好みですが、
衛生面から言えば、使い捨てのワンウェイ方式の方が勝るでしょう。

リターナブル方式では、
ユーザーが使ったボトルを業者が回収して、洗浄し、
再び水を詰めるために再利用されます。

業者側も細心の注意を払って洗浄していると思いますが、
繰り返し使っていくうちに、ボトルも劣化するでしょうし、
汚れもたまってくると思います。

実際に
イワタニのウォーターサーバーでは、
戻ってくるボトルの汚れが気になり、回収方式からワンウェイ方式に変更したそうです。

業者さんも変更する程、汚れるボトルもある
ということを覚えておきましょう。

ワンウェイ方式であれば、新品のボトルに入れて配達され、
使い終わったら、そのまま廃棄するので衛生的です。

回収方式の業者も衛生面には気を使っています

回収方式の業者も
きちんと洗浄していますので、回収方式が危険というわけではありません。

むしろ、再利用と言うことで、
衛生面については、ワンウェイ方式よりも気を使っていると思います。

ですので、それほど気にすることもないと思います。

市販の飲み物に例えるなら

リターナブル方式は、ビンで売っている飲料水(ビール、ラムネなど)
ワンウェイ方式は、ペットボトルで売っている飲料水(ミネラルウォーターなど)

こんなイメージが近いのではないでしょうか?

居酒屋で出てくるビンビールが、不衛生だと考える人はあまりいないと思います。

長い飲料水の歴史の中でも、
再利用したビンが原因で衛生問題が起きることは、極めてまれですので、
どちらも特に問題がないと思います。

それでも気になる方は、
ワンウェイ方式を選ぶのがよいでしょう。

ウォーターサーバーのメンテナンス

もし、ウォーターサーバーの衛生面による安全性を気になさるなら、
ウォーターサーバーのメンテナンスがある業者を選びたいです。

最低でも、年に1度のメンテナンスがある業者がよいでしょう。
最近はメンテナンス無しでも大丈夫であることをうたうサーバーも多いので、
しっかりチェックしましょう。

メンテナンスがある業者は、

ダスキンの天然水(無料:1年に1度)
アクアクララ(無料:1年に1度)
アルピナウォーター(無料:2年に1度)
うるのん(無料:3年に1度)

アクアセレクト(3090円(税込)/1回)
クリクラ(5000円(税抜)/年)

などがあります。

詳しくは、当サイトの

ウォーターサーバーをサーバーメンテナンス料金で比較

をご覧ください。

天然水とRO水はどちらが安全か?

ウォーターサーバーの水には、

・天然水
・RO水

の2種類があります。

天然水は採水してそのままボトルに詰めています。
RO水は、RO膜というフィルターを使い、
ろ過をして不純物を除去した上でボトルに詰めます。

ですので、RO水の方が、衛生的な水と言えるでしょう。
しかし、水の味を決めるミネラル分も除去してしまうので、
美味しさの面から見ると、天然水に劣ります。

天然水は、採水したものをそのまま使用していますが、
国の水質基準をクリアした水を使用していますので、
基本的には安全性に問題ありません。

ただ、採水地の近くで原発事故のようなことがおきた場合は、
汚染される危険性もあります。

電源コンセントにも気をつける

ウォーターサーバーは電気を使います。

通常の電気製品と同じように、
コンセント周りには気を使いましょう。

ホコリがたまっていると、火事の原因になります。
四六時中電源をつけっぱなしにして使うものなので、
こまめに掃除する必要があります。

このページの先頭へ