ウォーターサーバーのデメリットについて

ウォーターサーバーのデメリットは

ウォーターサーバーのデメリットは何でしょうか?
ここでは、ウォーターサーバーを導入するデメリットついて解説しています。

ウォーターサーバーを導入するにあたってのデメリット、
実はそれほど多くはありません。

メリットよりデメリットが多かったら、
これほどの多くの人が利用することもないでしょう。

年々利用者が増えている、ということは、
メリットが大きいと言うことです。

しかし、それでも注意点や気にしておくことがありますので、
チェックしておきましょう。

水ボトル代やレンタル代などのコストがかかる

ウォーターサーバーで一番気になるのは、

「どれくらいお金がかかるのか?」ということです。

ボトル代は12リットルボトルが1000円〜1800円前後。
ウォーターサーバーレンタル代は、毎月、無料〜1000円前後

業者によって違いますので、
この金額はキッチリチェックしておきましょう。

その他、

契約してすぐに解約する場合は、
解約手数料がかかります。

多くの業者が1年未満での解約の場合、5250円の解約手数料を設定しています。
無料の業者もありますし、もっと高い業者もあります。

これもチェックしたいポイントです。

電気代がかかる

ウォーターサーバーを稼働させるには、
電気が必要です。

多くの業者が、だいだい毎月1000円前後を見込んでいます。

最近は省エネタイプのウォーターサーバーも登場しています。

それから、ウォーターサーバーを設置したことで、
冷蔵庫の開け閉めが少なくなったという声もあるので、
多少は電気代が相殺される場合もあると思います。

サーバーとボトルの置き場所が必要

ウォーターサーバーを設置する場所が必要になります。
狭い部屋だと、ちょっと窮屈に感じるかもしれません。

サーバー以外にも、
注文した水ボトルの置き場も必要です。

サーバーの置き場は気にしますが、
水ボトルの置き場を忘れがちになりますので、
気をつけましょう。

ボトル回収方式の業者の場合は、
回収日まで、家に空きボトルを置いておくことになります。

ワンウェイ方式の業者の場合は、
ゴミの日に空きボトルを処分できるので、使い終わったボトルに関しては、
それほど、場所を取ることはありません。

ボトルの入れ替えが面倒

水ボトルが空になったら、
サーバーのボトルを入れ替える作業を自分で行います。

12リットルのボトルは
それなりに重さもあるので、女性は大変かもしれません。

最近は、8リットル前後の小型ボトルを用意している業者もあります。
そういった業者を選ぶのも良いでしょう。

壊れたらメンテナンスに出す手間がかかる

万が一、ウォーターサーバーが壊れた場合、
業者にメンテナンスや修理をお願いすることになります。

メンテナンスが無料の業者、有料の業者、
それぞれありますので、その点もチェックが必要です。

メンテナンスしている間、
かわりのサーバーを用意してくれるのかどうかもチェックしましょう。

ウォーターサーバーの衛生面が気になる

水を扱う機械ですので、
カビや雑菌などが気になります。

最近のサーバーはメンテナンスが無くても大丈夫なタイプが多いようです。

年に1回のメンテナンスを無料で行ってくれる業者もありますので、
そういった点もチェックしましょう。

しっかりメンテナンスしていれば、
それほど気にすることは無いと思います。

このページの先頭へ