がん細胞を消滅させる水があるってほんと?

がん細胞の増殖を抑制する重水減少水

1999年、ハンガリーのガボール・ショムヤイ博士が
「重水減少水は、がんに効く」
という研究結果を発表しました。

現在では、人間の患者の治療にも使われており、
実際に効果があることもあるようです。

※参考
 重水素臨床研究会 wiki「ハンガリーでの研究について

水の中に重水が含まれていると、
がん細胞は増殖することが出来るそうなのですが、
重水が含まれていないと、増殖できないそうです。

重水減少水はこの重水の濃度を低くした水です。
それを飲み続けることで、がん患者のがん細胞が抑制されたり、
減少されたりするそうです。

実際に、重水減少水が販売されている、
ハンガリー、ドイツ、オーストラリア、ルーマニア等では
がん患者が減っているようです。

重水減少水の難点は高価なこと

こういった話を聞くと、重水減少水を買いたくなるのですが、
とても高価な水で気軽に買うのは難しい価格です。

ネットでも販売されているのを見かけますが、
500mlの重水減少水1本で2千円前後するようです。

製造工程にコストがかかるようで、
今後、量産されていけば、もっと安く手に入るようになるかもしれませんね。

自然界にも重水減少水は存在しています。
海抜からの高度が高い地域の水は、重水の濃度が低いようです。
海抜2000〜3000メートルほどの地域に多いようです。

ヒマラヤのフンザや、ペルーのビルカバンバ、
ロシアのコーカサスなどの人々は長寿として知られています。

これらの地方は、水に含まれる重水の濃度が低く、
重水素減少水には免疫力を高める効果があるため、
長生きしていると考えられています。

※参考
 医学博士高原喜八郎公式サイト「医者が本当に教えたいがん対策|新技術|重水素減少水

なかなかこういう話は信じられない部分もありますので、
もし、ガンになってしまったら、主治医の先生に
重水減少水について訊いてみると良いでしょう。

この記事のポイント

  • 重水減少水はがんに効く研究結果がある
  • 実際に効果が出ている症例もある
  • 販売されているが価格が高い
  • 高度の高い地方では自然の水が重水減少水


※「水と健康」コーナー 参考文献
 藤田紘一郎著「水と体の健康学 なぜ熱中症には真水が危険?肉食系は超硬水でダイエット?
 左巻健男著「知って納得!水とからだの健康 (ホーム・メディカ・ブックス)

このページの先頭へ