水を飲んでドロドロ血液を予防しよう

ドロドロ血液とサラサラ血液

テレビの健康番組で、
ドロドロ血液、サラサラ血液、というのを見たことがあると思います。

血液は、本来なら、サラサラと流れているはずですが、
食生活や生活習慣により、血液の流れが悪くなり、
ドロドロ血液になってしまいます。

動物性脂肪の取り過ぎやお酒の飲み過ぎ、運動不足などが原因です。

血液の流れが悪くなると、
血液をきちんと流すために強い圧力が必要になり、
その結果、血圧が上がってしまいます。

ドロドロ血液になると、血栓や動脈硬化なども発生しやすくなり、
脳梗塞や心筋梗塞になってしまう恐れもあります。

水を飲んで、病気を予防しよう

血液をサラサラにするには、食生活や生活習慣を改善することが必要ですが、
水を飲むことも大事です。

人間は自分で気がつかない汗をかいています。
特に寝ている間は、コップ1杯〜2杯ほどの汗をかくと言われています。
汗だけではなく、呼吸により失う水分も含めれば、500ml〜1リットルにもなるそうです。

心筋梗塞や脳梗塞は、
朝起きてから3〜4時間の間に起こりやすいそうです。

寝ている間に汗をかいて水分を失うため、
起床から間もない時間は、体内の水が不足しています。
血液もドロドロしている状態です。

さらに、朝は活動を始める時間なので、
血圧が上昇し始める時間帯でもあります。

とても危険な状態になりやすい時間帯と言えるでしょう。

それを防ぐためにも、
寝る前にコップ1杯の水分を取り、
さらに、起きてからもコップ1杯の水分を取るようにしましょう。

起きてからの1杯は
睡眠中に貯まった体中の老廃物を洗い流してくれる効果もあります。

とはいえ、たとえ水を飲んだとしても、
食生活や生活習慣を変えないと、綺麗な血液にはなりませんので、
水と飲むのと同時に、生活習慣を改善することも重要です。

この記事のポイント

  • 食生活や生活習慣が悪くなるとドロドロ血液になる
  • 水分を失っても血液がドロドロになる
  • ドロドロ血液は生命に関わる病気を引き起こす
  • 寝る前と起きた後に水を1杯飲んで、ドロドロ血液を予防する

このページの先頭へ