汗をかいてもダイエットには効果がない?

汗をかくダイエットは体に良くない

ダイエットのためには汗をかくのが良い
というイメージがあります。

実際にはどうなのでしょうか?

汗をかけば、確かに一時的には失った水分量だけ体重が減るかもしれません。
しかし、水分を補給すれば、また体に水分が戻ってきますので、
体重も元に戻るでしょう。

汗をかいて体重を減らす、これはダイエットではありません。
単純に、水分が減っただけです。

美しさを保つには充分な水分が必要ですので、
干からびた体になってしまっては、むしろ「美」からは遠ざかり逆効果です。

水分が減ると、シワも増える可能性もあります。
しかも水分の不足は健康に悪いです。

美しさは健康から来るものなので、
健康を失っては美しくなれません。

目的は汗をかくことではなく、脂肪を燃焼させること

ダイエットを成功させるには
脂肪を燃焼させることが必要です。

汗をかくのが目的ではなく、運動で脂肪を燃焼させることが目的です。
運動するから、結果的に汗をかくのです。

サウナスーツでじっとしているだけでは、
あまりダイエット効果がないと思います。

さらに、スーツを着込んで体温を上昇させすぎると、
熱中症など、危険な状態にもなります。

水の中で運動をする水泳でも痩せますので、
暑くて汗をかくから痩せるというのは、ちょっと違うのではないかと思います。

運動して脂肪を燃やすことが大事です。
運動して筋肉が付いてくると、基礎代謝も上がり、
脂肪が燃焼しやすい体になります。

「基礎代謝」は、
呼吸などの生命活動を維持するために常に行われている体内活動で、
エネルギーも消費されています。

この基礎代謝が上がれば、
何もしていない状態でもエネルギー消費量が上がり、
痩せやすい体になります。

この記事のポイント

  • 汗をかいても水分補給で戻る
  • 水分が減ると体に良くない
  • ダイエットは水分を減らすのではなく、脂肪を燃焼させること

※参考文献:
 藤田紘一郎著「水と体の健康学 なぜ熱中症には真水が危険?肉食系は超硬水でダイエット?
 左巻健男著「知って納得!水とからだの健康 (ホーム・メディカ・ブックス)
 左巻健男著「水はなんにも知らないよ
 谷腰欣司著「トコトンやさしい水の本

このページの先頭へ