水を飲めば痩せることも可能

水を飲むと食欲が抑えられる

水はダイエットに効果があります。

もちろん、暴飲暴食はせずに規則正しい生活をすることが前提です。
毎晩遅くまで飲み歩いたり、スイーツ食べ放題に行っていたら
痩せるものも痩せません。

朝食から昼食の間、あるいは、昼食から夕食の間、
すこしお腹がすいて、何か食べたいなと感じることがあると思います。

そういう時は、余分なものを食べずに、
ただ、水を飲むのです。

水を飲むと、不思議と空腹感がなくなります。
実際試してみると、なるほど、確かに食べたい気持ちが無くなります。

水を飲むと、胃液が薄められて、胃の中の酸性度が下がります。
すると、脳に対して「もう満腹だ」という信号が間違って送られるそうなのです。

お腹がすいたら、水を飲む、ということを続けていけば、
必然的に余分な物を食べずに済みますので、
ダイエットになるということです。

もちろん、朝昼晩の3食はきちんと食べてください。
健康な体があるからこそ美しくなれるのです。
いくら痩せても、体を壊しては美しくなれません。

夜、夜食が食べたくなったら、この時も水を飲みましょう。
水を飲むことで食欲も抑えられるし、
寝てる間に失われる水分の補給にもなります。

冷たい水の方が、痩せる効果が高い

ドイツ栄養研究所のM.ボッシュマン博士の研究によると、
水を飲むと、男女問わずカロリー消費量が30%アップするそうです。

しかも温水よりも冷水の方が、カロリー消費量が高いそうです。

これは、飲んだ冷水を体温まで上げる際に、カロリーが消費されるとのこと。

冷たすぎる水は体に良くありませんが、
水を飲むなら冷水の方が、ダイエットには効果があるようです。

ちなみに、実験では、37℃と22℃で比べています。
22℃の方が、カロリー消費量が高くなりました。

この記事のポイント

  • 水を飲むことで空腹感が満たされる
  • 冷水を飲むと、カロリー消費量が上がる。

※参考文献:
 藤田紘一郎著「水と体の健康学 なぜ熱中症には真水が危険?肉食系は超硬水でダイエット?
 左巻健男著「知って納得!水とからだの健康 (ホーム・メディカ・ブックス)
 谷腰欣司著「トコトンやさしい水の本

このページの先頭へ