熟成したウイスキーがまろやかになる理由

おいしい水は、おいしいお酒をつくる

江戸時代から「銘酒があるところに名水あり」と言われるように
良いお酒の産地は、良い水の産地でもあります。

世界の多くのウイスキー蒸留所が
良質な水の産地に作られています。

お酒に使用する水に含まれるミネラル分が、お酒の味わいに影響を与えるため、
より質の良い水が必要となります。
それで、良質な水の産地に蒸留所が作られることになるのです。

日本は軟水の産地が多いため
多くの日本製ウイスキーは、軟水を使って作られています。

一般的に、軟水で作られたウイスキーはまろやかで軽い感じ、
硬水で作られたウイスキーは、個性的な味が多いようです。

おいしい水割りを作るには、
ウイスキーが作られた水と同じ性質の水で割るのが良いでしょう。

軟水で作られたウイスキーなら軟水を使って割り、
硬水で作られたウイスキーなら硬水を使って割るのが
おいしい水割りを作る秘訣です。

※参考:
 アサヒビール「リカーワールド | ワンダーバー

熟成すると分子レベルで変化が起きる

お酒の世界もビンテージ、つまり
熟成後何年経ったかで価値が決まることがあります。

熟成するとおいしくなると言われており、
それには、科学的な理由もあるようです。

新しいお酒は、水の分子とアルコールの分子が
バラバラに存在していて、上手く混ざり合っておらず、
味が尖った感じになっているそうです。

それに比べ、時間をかけて熟成させたお酒は
アルコールの分子が水の分子の隙間に入り込み、
水の分子がアルコールの分子を包むような形になっているそうです。

それで、味がまろやかになり、おいしくなるんですね。

この記事のポイント

  • お酒の味には水のミネラル分が影響している
  • ウイスキーを水で割る場合、お酒を作った水と同じ性質の水で割るとよい
  • 熟成したお酒は、アルコール分子と水分子が上手く混ざり合っている

※参考文献:
 藤田紘一郎著「水と体の健康学 なぜ熱中症には真水が危険?肉食系は超硬水でダイエット?
 左巻健男著「知って納得!水とからだの健康 (ホーム・メディカ・ブックス)
 谷腰欣司著「トコトンやさしい水の本

このページの先頭へ