野菜や果物に含まれる水分量はどれくらいなの?

野菜や果物はほとんどが水分

野菜は果物はほとんどが水分です。
含まれる水分は、きわめて高い割合です。

以下に一覧を掲載しましたので、ご覧ください。

野菜 割合(%)
キュウリ 95
セロリ 95
トマト 94
白菜 93
ナス 93
にんじん 93
キャベツ 92
大根 90
かぼちゃ 89
果物 割合(%)
スイカ 89
88
もも 88
みかん 86
パイナップル 85
りんご 84
ぶどう 83
バナナ 75

出展:文部科学省 食品成分データベース

というように、かなりの部分が水分なのが分かると思います。
全般的に果物よりも野菜の方が水分量が多いですね。

このように、食べ物からも水分は摂取することが可能なので、
果物や野菜をなるべく食べましょう。

生で食べることが出来る果物は優れもの

食べ物を食べるには、ほとんどの場合が火に通すことになりますので、
その際に、食べ物に含まれる栄養分が失われることがあります。

野菜は生のままサラダで食べることもありますが、
多くの場合は火を通して食べますし、
その方が美味しく食べられると思います。

しかし、果物は生で食べても充分美味しいですし、
火を通すことの方が少ないでしょう。

火を通さずに食べることが出来る果物は、
栄養分を体内に効率的に取り入れることが出来ますので
優れた食べものと言えますね。

この記事のポイント

  • 野菜や果物はほとんとが水分
  • 果物は生で食べることが出来る
  • なので、含まれる栄養分を効率的に摂取できる



※参考文献:
 藤田紘一郎著「水と体の健康学 なぜ熱中症には真水が危険?肉食系は超硬水でダイエット?
 左巻健男著「知って納得!水とからだの健康 (ホーム・メディカ・ブックス)
 左巻健男著「水はなんにも知らないよ
 谷腰欣司著「トコトンやさしい水の本

このページの先頭へ