炭酸水とはどんな水?

炭酸水とは

炭酸水とは、水の中に炭酸ガスが含まれている水のことを言います。

食前酒の代わりとして好まれることがあります。
炭酸が胃腸を刺激し、消化を促進する効果があります。

ヨーロッパでは炭酸水の消費が多く、ペリエなどの炭酸水が人気を得ています。

最近は日本でも
コンビニエンスストアが独自ブランドの炭酸水を発売するなど、
炭酸水が簡単に手に入るようになっています。

そもそも、水の中になぜ炭酸ガスが含まれるかというと理由は2つあり、以下の通りです。

■天然の炭酸ガスが含まれているもの

水が地下水として地層の中を通っていく際に、
火山活動などによって発生した地中の炭酸ガスが、
水に混ざり合うことで炭酸水となります。

■後から人工的に炭酸ガスを加えるもの

文字通り、人が製造工程で人工的に炭酸ガスを加えたものです。
カクテルを作る際の水に使われたり、炭酸飲料として販売されているジュースなども、
人工炭酸水と言って良いでしょう。

三ツ矢サイダーでは、水の温度を冷たくし、
圧力をかけることで炭酸ガスを溶け込ませているようです。
※参考:アサヒ飲料株式会社 公式サイト
炭酸ガスとは何ですか?サイダーにどうやって炭酸ガスを入れているの?

以前、炭酸飲料は骨を溶かすと言われた時期があるようですが、
実際にはそれほど骨への影響はないようです。
むしろ、炭酸飲料のジュースに含まれる糖分が原因では?という説もあります。

どんなものでも飲み過ぎはよくありませんので、ほどほどに。

この記事のポイント

  • 炭酸水とは水の中に炭酸ガスが含まれる水のこと
  • 炭酸ガスが含まれる理由は2つある
  • 理由1:地中の炭酸ガスが溶け込んでいる
  • 理由2:製造工程で人工的に加えた

このページの先頭へ