海洋深層水とはどんな水?

海洋深層水とは

海洋深層水とは、水深約200メートルより深い位置に流れている海水のことを言います。

太陽光が届かないため、小型生物やプランクトンなども、ほとんど生息していません。
そのため、雑菌や微生物の繁殖が極めて少なくなっています。

また、人間の生活からでる、排水や工場からの排水も届かないくらい深いため、
汚水が流入することもありません。

こういったことから、上層を流れる海水に比べ、極めて綺麗な水質を保っています。
水温も低く、一年を通じて、ほぼ一定に保たれています。

ミネラルが豊富で利用価値も高い

海洋深層水には上層の海水よりもミネラル分が豊富に含まれています。

海洋深層水が流れる深さには、植物プランクトンが生息していないため、
光合成が行われず、本来、光合成で使用されるはずのミネラルがそのまま海中に蓄えられます。

そのため、人間からみると利用価値が高く、
飲料水として販売されたり、健康食品や、化粧水などにも利用されています。

DHCの海洋深層水は800mもの深海から採水しているそうです。
海洋深層水を使用すると、細胞活性、コラーゲン、美白などにおいて、
通常のミネラルウォーターよりも、高い効果が現れるそうです。

綺麗で澄んだ水ですが、海水ですので塩分が多量に含まれています。
飲料水として販売するには、工場で塩分を取り除く行程が必要です。
海洋深層水という名前のイメージですと、採水したそのままを売っているような印象がありますね。

この記事のポイント

  • 海洋深層水は水深200m以下の深さに流れる海水
  • ミネラルが豊富で汚れが少ない
  • 体によい効果がある

※参考:
高知県 公式サイト 海洋深層水について

このページの先頭へ